和田みつひと

Mitsuhito Wada

 私は主にPVCフィルムを用いた作品で、その場所の内部と外部である環境を仕切るガラス面を、いつもと同じ佇まいを見せながらも、光と色の効果により異質な風景を映し出す平面として際立たせることを試みています。

 仮設的な仕切りであり、周囲の環境と深く関わりながら、日常とは異質なものを映し出すという点で、障壁画の持つ空間感覚と共通する平面をつくり出すことによって、そこに一時的に立ち現れる作品を追求しているのです。

 On the  works used a sheet of film, I try to exaggerate the glass plane that partitions the surroundings to inside and outside,  to reflect heterogeneous scenes by the light and color effects, keeping the same daily appearance at the same time.
 I pursue a work that will appear temporarily there, by creating a plane that has similar sence of space as shoheki-ga, is also a temporary partition related closely to the surroundings and reflects something different from the ordinary scene.